自邸

平成8年に完成した私の家です。
「ありきたりの家じゃつまらん」と当時の私が知恵をひねって作ったのですが、今思えば空間の使い方も、設備機器も、内外装も、断熱性能もアーすればよかったコーすればよかったと思うところがいくつも出てきます。
でも、その当時の私と妻が力を合わせて(本当に二人で作業をして作った)精一杯作った愛着があるのでリフォームしながら住み続けようと思います。(まだローンも一杯残ってるし
リビングルーム中央の柱は薄い板を何枚も重ねて接着し丸く削りだしました。今では子供たちがよじ登ったりシールを張ったり何かと活躍しています。
4畳半の畳コーナーは食後にゴロゴロするために作りました。高低差を利用した収納はなかなか重宝をしています。
このコーナーは子供を育てるときに非常に役立ったのが以外でした。小さいお子さんのいる家庭にはお勧めの仕掛けです。

庭の様子です。
子供の誕生記念に植えたケヤキは新緑の季節にはとてもキレイなのですが、すっかり巨大化してしまい落ち葉の掃除が大変。
テラスデッキは地元の天竜杉の赤身を使って見たのですが、耐久性は良好で満足しています。
芝生の庭に憧れる方も多いのですが、私のような不精な人には絶対にお勧めできません。手入れを怠っているととんでもなくみっともない庭になってしまいます。はがしたくてもいったん根付いた芝は簡単には剥がせません。要注意!